FC2ブログ

JAPON dance project  2018

シェイクスピアの名作 夏の夜の夢

新国立劇場 8・25/26

昨年に引き続き公演 Japon dance project

JDP_mainvisual_en[1]

ハイツの仲間

新宿 戸山ハイツ で幼少期から共に過ごした悪ガキ仲間

今回図らずも 50年振りに参加してくれた Tさんを加え
8名での観劇となりました。

小池 ミモザさんと日本人ダンサーとのコラボ公演
(小池 佳寿美さん ハイツの仲間 メンバー の娘さん)

夏の夜の夢 は不勉強で分かりませんが
ストーリー等分からずとも

舞台に引き込まれ
あっという間の2時間でした。

日常の生活とは違う
非日常の世界」を堪能しました。

d01_ph02[1]


20160910103714060[1]

身長176cm 長身
しなやかな 手 足 指先
 

舞台で一際 引き立ちます。 (o‘∀‘o)*:◦♪
(他のダンサーがかわいそう・・・)

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

小池 ミモザ

日本のバレー団の先生から

貴方は背が高すぎて、日本ではダンサーになれません。
パートナーもいません
」 と 
非常な宣告

日本での活動を断念

15歳 単身 フランスにわたり(リヨン国立学校)
言葉もまったく分からない中

血のにじむよう練習を積み
首席で卒業

後に モナコ公国モンテカルロ・バレエ団
プリンシパル になられた方です。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

日本では、バレエ はあまり話題となりません。 

ヨーロッパのように 
国民にねずいた文化 には乏しいように感じます。 (つД`)ノ

しかし
新国立劇場は 満席
チケットは早々と完売

ミモザさん についての記事は
ネットに多く掲載されています。

よろしかったら 小池ミモザ インタービュー ご覧ください。

2018_0825_162752-P8250005.jpg
                  
舞台終了後
ミモザさん を囲み記念撮影

左から2番目が 小池 佳寿美さん

2018_0825_161214-P8250001.jpg 

2017_0202_144415-P2020019.jpg

小池 佳寿美  さんは南フランスの風景を描く 画家 
 
ご主人は 建築家
まさに、芸術一家 ですネ

640x640_rect_66939324[1]

公演終了後
新宿伊勢丹会館 3階 ハゲ天
 会食

menu_06[1]

グルメコース 1944円(税込)
お値段リーズナブル 感激

別室 和室で 昔話に興じ
他のお客さまに 気兼ねなく 過ごせます―お店の配慮 感謝)

元気に 食べ 飲み
笑いころげる

気のおけぬ友との
あっと言う間の 2時間でした。


シー&シー・キッチン

私の○○○遍歴-13

本社 札幌 を目指し 
愛車 ベレット に乗り
東京をスタート

初日 台風と並走し 豪雨 雷に遭遇
思いがけず 仙台 七夕 青森 ねぶた 祭りを見学

hokkaido_map_l2[1]

函館⇒大沼国定公園⇒長万部(おしゃまんべ)⇒室蘭
⇒苫小牧

ここまでは海沿い道路

苫小牧 過ぎ内陸部へ左折

中山峠⇒定山渓(温泉)⇒札幌 250km

青函フェリー 青函連絡船

3日目 
いよいよ 北海道 上陸


1090381555[1]

愛車 ベレット も船内へ

50年前の話で
記憶も定かではありませんが

早朝の便に乗船
4時間程の船旅


函館到着

都会の景色ばかり見ていた私には
地の果てに 上陸という印象でした。 Σ(゚□゚(゚□゚*)

ikasasi.jpg

目にとまった食堂

思いがけず
美味しい イカ刺し 定食

イカが 甘い と感じたのは
初めて


eyecatch[1] 函館夜景

勿論 札幌を目指す旅
見る事はかないません。

中心地を離れ
坂道を登りきると
函館の街が一望出来ます。

caade_0000710998_1[1] 支笏湖 逆さ北海道富士

富良野道路 富良野道路

何処までも続く 直線道路

走行していて
北海道の雄大さ を実感します。

高速道路とは一味違うドライブ満喫 !!

DSCF45991[1] d0084473_20535472[1]

札幌の観光スポット 定山渓温泉

534a9d00[1] 雪のトンネル

真冬の 中山峠 (゚△゚;ノ)ヒエー
近年は暖冬の影響が・・・

50241_1[1] 時計台

訪れてがっかりする 日本3大名所
に入っているそうですが

市内ビル街の、ちっちゃな時計台
大きな時計台をイメージしていると
確かに・・・


本社は近くにあり
夕刻到着

挨拶の後
月寒 社宅へ

公団住宅風の5階建て
我が家は2階でした。

20150420202212bdc[1]

国道から少し入った所

目の前は 緑溢れる牧場

反対側には戸建の社宅が並んでいます。

羊が草を食んでいる
のどかな 北海道 らしい景色

真夏でもクーラー不要

これはいいところだ \(^o^)/

そう思えたのも短い夏の間だけ
すぐに 過酷な冬 が待ち受けていました。 ヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

カミサンは東京へ戻らねばなりません。
千歳空港

千歳空港へ向かう道は
ところどころに住宅、店らしき建物が
ポツンとポツンと 静寂な世界

暗い道をひた走ります。

突然夜空が明るく開け
空港が現れます。

あわただしく登場手続を終え
搭乗口へ

「手紙書くから」
「式の準備頼む」(2ケ月先)

事務的に話す私

こう言う時に どう話しかけて良いのか
対処できない・・・

軽くハグして
「それじゃ」

DSC00614[1]

車に戻り 
ふと振り返ると

飛び立つ機体が見えます。
漆黒の夜空に 点滅する灯り

遠ざかる機影を見ていると
自然と涙が・・・ 。゚(゚´Д`゚)゚。


私の○○○遍歴-12

昭和40年代
日本が 本格的な モータリゼーション の時代を迎え

当時の若者の憧れだったのが 
ベレG スカG の愛称で呼ばれた名車

50年の時を超えても
市場に出ております。

プレミアム価格で・・・


べれっと カミサンではありません。モデルさん カタログより
いすゞベレット

wmc02[1]

台風と並走し
ゲリラ豪雨 雷の直撃(?)を受けた1日目

古い映画で 雷を受けると
人体が 骸骨になる

そんなのがありましたが
その時は そんな心持でした。

2日目のスタートです

イワキの海沿いの宿

魚のおいしい朝食を済ませ
北進

程なく、東北地方の大都市
仙台に到着

e220844[1]

なんと 七夕祭り に遭遇
予想外の展開に 驚きましたが

大きさ 美しさ 堪能しました。(^.^)

直線道路

仙台を過ぎると
景色は一転

東京圏をすぎると 人家も疎ら
驚かされましたが

仙台以降はさらに 寂しくなります

周囲に何もない所
一本道が延々と続く

過疎 という言葉
実感しました。(/・-・; < \・-・)

01[1]

一関⇒花巻⇒盛岡⇒三沢⇒青森

青森 に着いた時は既に暗やみ

市街地に入ると
道路に溢れる人波


大きな掛け声
なんと ねぶた祭り に遭遇しました。

仙台七夕 と
一日に 日本の3大祭り の2つに遭うとは (o‘∀‘o)*:◦♪

暗やみの中で
一際明るい 独特の出し物

思わぬ出来事に 暗い道ばかり走り
日本の涯まで行くのかなんて

沈んでいましたが
いっぺんに気持が明るくなりました。(^.^)



宿を探さねばなりません。
市街地のはずれに

小さな宿 を見つけ
2日目も無事終了

長時間運転で
爆睡 (ᖱ・ᖱ・ᖱ・・・)


青函フェリー 北海道上陸


シー&シー・キッチン

続きを読む

私の○○○遍歴-11

札幌 本社まで
カミサン(まだ許婚者)を連れて行く許可を 
厳格な 義父 から頂き

Japan_National_Route_4_Map[2] 仙台 以降は4号線
国道6号

東京-青森  国道6号-4号 850km
青森-函館   青函フェリー
函館-札幌    250km 

半世紀前
高速道路がまだ無い頃
 

一般国道(陸路1100km)を
ひたすら走り

札幌を目指しました。

ベレット

所帯道具を ベレット 後部座席 トランクに
目いっぱい詰めこみ

スタートしましたが ブレーキ踏むたび
ガラガラ 鍋 食器が崩れ
なんとも賑やか・・・


座席後部 頭に当る始末
途中で 詰め替え作業余儀なくされました。 (*σ´Д`*)

BxwhlIpIMAA91BR[1] 海岸沿いを走る6号線 内陸部を走る4号線 仙台で合流


国道6号

都内を過ぎると人家も疎ら 
ひたすら 真っすぐな道 を走ります。

006-145[1]

東京圏と地方
格差を実感しました。


6号線山中

山道の峠に差し掛かる頃
猛烈な雷雨 に見舞われました。

thunderstorm-3625405_960_720[1]

台風が来ており
進路が同じ
併走するような形になり


突然のゲリラ豪雨

f0165561_1131020[1]

車が走行している 道路の下方
真っ黒な雲 稲光を見ました。

眼下に稲妻
初めての経験でした。 (゚△゚;ノ)ヒエー

一瞬 車内が黄色に変色

車に落雷したのでしょうか・・・ 

カミサンは爆睡中

何も覚えていません。 (´∀`*)

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

雷_1504355079[1]

先日 関東地方は
ゲリラ豪雨 落雷 に見舞われ
停電 真っ暗闇の中

稲光が近所の建物に落ち
瞬時に 凄まじい轟音


久しぶりに 真っ暗な室内から雷光を見

50年前
車内で遭遇した事思い出しました。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

海沿い旅館

風雨も収まり
無事通過

窓外も 夜のとばり

いわき市 辺り
暗い 何も無い 寂しい道路が続く中

海沿いの宿 
見つけた時の喜び・・・ (o‘∀‘o)*:◦♪

砂漠で 人家見つけた気持

一人で運転(400km・・・一般道)

さすがに疲れ
爆睡でした。

義父の心配は 無用でした \(^o^)/



シー&シー・キッチン

私の○○○遍歴-10

義父 日本刀 の前で 

「娘を泣かせたら俺が許さないゾ」
強制的に 約束されましたが・・・

その後 結納の儀

結婚式場 の手配とあわただしく
進めておりました。

ある日 課長から
突然手渡された 辞令

本社(札幌)総務部 勤務

晴天の霹靂とはこの事  (ᗒ〇<’’;)

10月19日 挙式 は予約済み
(新橋第一ホテル)

8月上旬 には 新任地へ赴任

挙式までは 単身赴任で 独身寮 かと思いきや

会社の計らいで
家族用社宅 を手配頂きました。

201608271527322f6[1]

カミサン(まだフィアンセ)を連れて本社へ

義父に 

同行許可を頂くべく
挨拶に


一言
月足らずの赤子だけは許さないゾ

笑いながら ガソリン代 餞別渡してくれました。

nihonntou

この時は 日本刀
床の間 に置かれたままでした。\(^o^)/

ベレット

札幌 での生活のための 所帯道具 

日用品
布団 鍋釜 食器 電化製品 一式 

ベレット のトランク
後部座席に積め込み

札幌目指し出発 !!

2018_0520_130005-20140815230922f85[1]   IMG_20180804_0001.jpg 60年後

早朝 
新宿戸山ハイツ 入口

両親 弟妹3人
祖母の 見送り

20140830181624694[1]

祖母 が
500円札 1枚渡してくれ
(現在の貨幣価値 5000-)

もう会えないかもしれない
寂しそうに、一言

実際、その通りになってしまいました

1月後 他界

義父 が尋ねた夜
よほど嬉しかったのか

あまり飲めないお酒を飲み
歌まで歌い
上機嫌だったとのこと

深夜倒れ

私も札幌から急遽戻りましたが
意識は戻りませんでした。

500円札

お餞別の 500円札
使いませんでしたが
行方 ?

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

私は お婆ーちゃん子 でした。

初孫は可愛い

自分も孫を持ち
気持分かる気がします。 



シー&シー・キッチン
プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/30数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2018年1月現在350件を超えるお客様にキッチン・家具をお届けしてまいりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR