初めてリムジン乗りました -1

舛添東京都知事
連日マスコミを賑わせております。

海外出張 飛行機 ファーストクラス ホテルは高級ホテルのスイート
一回の費用が数千万円と、我々庶民感覚からすると 全く理解出来ません。 ε=ε=(怒゚Д゚)ノ

海外の方が どの様に思われるのか
「日本の政治家って せこい 」 と思われるのが癪(しゃく)ですネ

舛添 世故イ って名前変えたら

その様な記事 報道に

「あれ 私も豪華旅行にいったことあった」 と
思い出し、古いアルバム探してみました。

IMG_20160530_0001.jpg

ありました !
1993.5.1‐5.6(golden week)
23年前・・・
 ((((;゚Д゚)))))))

使い捨てタイプの インスタントパノラマカメラ 最近見かけませんネ 

得意先の方が「海外でGolf いいですネー」 との話が・・・ 
当時勤務しておりました会社の社長の
アメリカのゴルフ場がお勧め」 の一言で
米国 ラスベガス・サンフランシスコ旅行 が決定。

なんと 私が添乗員役で、アテンドする事を命じられました。
「業務出張」ですから、費用は全て会社負担

ラッキー!!

誰かサンの気持ち痛いほど分かります。
公費で大名旅行出来るのですから・・・

当時、英会話スクール NOVA
特訓中だった、私に白羽の矢が立ったのでしょうか。

実は 米国 西海岸 は 2度訪れており 
お話し聞いた時は 「他の国行きたい」
なんて、贅沢な思いがよぎりました・・・ (*´~`*)

日本航空 ビジネスクラス
機内食のメニュー エコノミーとは全然違う!

sp_y[1] 写真は現在のJALの例

なんと、
器がプラスチックではない
本物の陶器 グラス
アルコール類 飲み放題
(私は下戸)

隣の方と肘がぶつからない
シートがフラットになる・・・

都知事お気に入りの ファーストクラス は、どんなでしょうか?

IMG_20160528_0001.jpg  23年前の私 Unbelievable

サンフランシスコ経由、ラスベガス
空港内には スロットマシーンが待ち構えています。

IMG_20160528_0001 (2)

空港には リムジン がお迎え

IMG_20160528_0001 (3)

Hotel は 有名な Mirage

IMG_20160528_0001 (4) IMG_20160528_0001 (5)

不夜城と言われる ラスベガス
まばゆいばかりのネオン

砂漠のど真ん中に、一大都市を作るなんて
米国のエネルギーを感じます。

IMG_20160528_0001 (6)

ホテル室内から
ガラス越しで写り込みがあります。

img01[1]

翌日は
ラスベガス ストリップ地区から30分の距離にある
エンジェルパーク ゴルフクラブへ(アーノルド・パーマー設計

遠くに ラスベガスバレー 山並みを望みます。

IMG_20160528_0001 (7)

砂漠の中のゴルフ場

猛暑をイメージし ゴルフが苦手な私は
余り 乗気になれませんでした。

しかし
空気が乾燥しており 標高1000mという
立地から すがすがしい暑さ

軽井沢の有名ゴルフ場を思い浮かべました。
(勿論訪れた事はありませんが・・・)
いつも脇を通るだけ・・・ (^ω^ ≡ ^ω^)

20160528124054b0f[1]

lgi01a201407050700[1]

私の第1打
思わず力んでしまい、大きくスライス

次の組の方から 大声で
「スネーク !」

なるほど英語で「スネーク」と言うんだ
一つ覚えました。

昼食をクラブハウスで食べる、日本と異なり
カートに乗った女性の売子さんが巡回

ホットドッグを ほおばりながらのプレー

打球 

グリーンを外すと 周囲は砂漠

砂地だとめり込み

岩地だと
「カーン」と跳ね返り

何処かへ消えます。

ロストボール・・・
Uncountable

スコアも・・・        
Uncountable
  (ᗒ〇<’’;)

コースは広大、空いており 
ゴルフの苦手な私も、楽しめました。

1ラウンド回っても
まだ明るい

お二人は もうハ―フ・ラウンド プレー
(若さですネ・・・!)

私は 既にヘロヘロ
クラブハウスで待ちました。

ac7b500a[1]

夜は Mirage Hotel Dinner Show

日本でも有名だった Siegfried and Roy
ホワイトタイガーのマジックショー

これぞ アメリカ 巨大ステーキ ディナーが
終わるころに ショ―がスタート

お二人は 昼間のラウンドのせいか
居眠り・・・

しかし、マジックが始まると
身を乗り出して 凝視

ホワイトタイガーが、突然舞台に現れ
巨大な象が、瞬時に消えたり 空間移動

8bb44c2a[1]  s-skeleton1[1] イメージ写真

スタイルの良い女性ダンサー群が 
骸骨に変身 一糸乱れず カシャカシャ踊り

次の瞬間 バラバラ崩れ落ち、
消えてなくなります。


今でも鮮明に覚えております。

残念ながら 
2003年 事故により中止となってしまいました。 
(舞台でタイガーに襲われ Roy が大けが)



シー&シー・キッチン

ローネの雨傘

初めて訪れたドイツ 田舎街 ローネ

3月という まだ寒い時季
あいにくの雨模様 
ヨーロッパ独特の鉛色の空

そんな季節でも 街並みは素晴らしく
その後 ヨーロッパ数カ国を
仕事で訪れる機会が増えましたが

その都度新しい「発見」があり 
飽きることがありません・・・

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

数年後デュッセルドルフを訪れた際
同じ様な空模様

突然の雨
傘無しではずぶぬれに (ᗒ〇<’’;)

雑貨屋さんらしきお店発見
駆け込むと 中年女性 一人

英語はダメ 
私はドイツ語ダメ

身振り手振りで「雨傘」を伝えると
店の棚に案内されました。

そこには1本あるだけ・・・

2016_0122_152413-P1220007.jpg

手に入れた「雨傘」

広げると でかい  (*´з`)
まるでビーチパラソル

傘の骨一本が短く
前方が見やすくなっています。

さすが「安全」を重視するお国柄

IMG_20160315_0001.jpg

処分するのも惜しく
「機内持ち込み」一緒に帰国(入国?) OK

2016_0122_152929-P1220013.jpg

2016_0122_153041-P1220014.jpg

FUN・・・おかしな 傘
FINGER・・・ 製造会社のロゴマーク?

2016_0122_153056-P1220015.jpg

写真を撮って、初めて気付いたことがあります。

握ったこぶしに
Vサイン

指を数えると 何と
「6本」あります。


FUN・COVER・・・は「おかしな傘」の意味?

2016_0122_153755-P1220017.jpg

長さ 90cm
布部分が、20cm以上大きいのが分かります。

「丈夫で長持ち」 しっかりしています。
これもお国柄・・・

たまに振向かれるのが・・・(>.<)

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

IMG_20160314_0001 (5)

IMG_20160314_0001 (4)

IMG_20160314_0001 (3)

IMG_20160314_0001 (2)

ローネの街でも みぞれまじりの中
傘なしで悠然としている方が半数・・・

IMG_20160314_0001.jpg IMG_20160122_0001 (10)

カラフルな傘をさす女性お二人(母・娘さん?)
写真を撮らせて頂きました。

お年寄りが
カラフルな色を着こなしているのを
良く見かけます。

歳を重ねても おしゃれ心を忘れない
ライフススタイルの違いでしょうか・・・


シー&シー・キッチン

初めてのドイツ旅行-5

SieMatic  
との打合せを終え 帰国の途へ

IMG_20160305_0001.jpg

「ローネ駅」の隣の駅まで。
名前は?

ローネは ホームしかない田舎
この駅はレンガ作りの立派な駅舎

IMG_20160305_0001 (2)

DBマークの列車・(ドイツ鉄道)

IMG_20160305_0001 (3)

駅のホームで見つけた広告
Poggenpohl (ポーゲンポール・ドイツ有名ブランドの一つ)

この駅の近くらしく

ショールームの案内

(私達のショールームを是非ご覧ください・・・
ドイツ語は分かりませんが 翻訳すると
このような事でしょうか・・・)

Open
mon-fri 8:00-16:30 sat 8:00-12:00


ドイツ有名ブランドキッチンが
隣接地にあり 驚きました。


20160218_newlife_item_35_ip_01_400x310[1]

暫く列車が走行すると
車窓から 日本でもおなじみ
IKEA

他にも キッチン工場らしい所が
幾つも見られました。

「ローネ」 を検索すると
「厨房の街」 とありました。

その意味に 納得 !

IMG_20160305_0001 (4)

各部屋に分かれ 通路には
折り畳み式の椅子

IMG_20160305_0001 (5) IMG_20160305_0001 (6)

美しい田園風景に別れをつげ

IMG_20160305_0001 (7)

空港に到着
スカンジナビア航空 の小型プロペラ機

IMG_20160305_0001 (9)

タラップ数段登れば機内

IMG_20160305_0001 (8)

軍用機が離陸態勢
民間機と同じ飛行場

IMG_20160305_0001 (10)

IMG_20160305_0001 (11)

ボードに 成田行きがありますが
まさか プロペラ機のはずありません

恐らくデュッセルドルフで乗り継いだ・・・?

全て同行の G社長(故人)に
スケジュールお願いしておりましたので
記憶にありません。

今となっては確認しようありません。


シー&シー・キッチン

初めてのドイツ旅行-4

日本で最大の輸入規模を誇る
ドイツキッチン
SieMatic(ジーマティック)-----輸入販売元 S&HJapan

ドイツ本国の工場を訪問 
ローネという田舎町

列車ホームを出ると 建物は SieMatic  工場だけ
駅は SieMatic 専用のよう・・・


初めて目にする 街並み の素晴らしさに
カルチャーショックを受けました。

以後 仕事柄 ヨーロッパを訪問する機会が増えましたが
最初に目にした ローネ の街並みは 忘れられません。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

何故か 空が広く感じられること
電線が無い事に気付きました

日本の空は いっぱいの電線
日本を訪れた外人さんが 「クモの巣」 と呼ぶのも
頷けます。

街中の道路は 「石畳」
ところどころに「バンプ」 と言う 
少し盛り上がったこぶがあります。

車は減速しなければなりません。
歩行者優先の表れですネ
勿論「歩行者天国」

お店の看板 外装の仕上げ 色・・・
厳しい基準があり 

統一感のある 街並みが1世紀以上にわたり
保たれるのでしょう。


*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

2016_0125_221402-IMG_20160125_0001 (5)

住居部分の色合いと お店のオ―ニング
なんとも言えません

2016_0116_130821-IMG_20160116_0001 (15) 2016_0116_124338-IMG_20160116_0001 (14) 2016_0116_123234-IMG_20160116_0001 (6)

日本のコンビニの様なお店  オシャレなブティック

2016_0116_124038-IMG_20160116_0001 (13)

可愛いらしいお菓子屋さん

2016_0116_122649-IMG_20160116_0001 (11)

日本でもおなじみ BENETTON

2016_0116_123304-IMG_20160116_0001 (7)

2016_0116_121501-IMG_20160116_0001 (8)

看板2点
ロートアイアン
素敵ですネ

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

20年以上前の事ですが 再び訪れても
同じ街並みが見られる事でしょう。

外装のお手入れはされて・・・



シー&シー・キッチン

初めてのドイツ旅行-3

IMG_20160116_0001 (2)

翌朝 街並みを散策

格子模様の木組み
漆喰(?)の壁


メルヘンな世界が繰り広げられます。

IMG_20160116_0001 (3) IMG_20160116_0001 (4) IMG_20160125_0001.jpg
                               小さな河が静かに流れ       水鳥が寒中水泳

IMG_20160116_0001 (5)

さすがに寒く 歩く人影もまばら・・・

余りの寒さに (ᗒ〇<’’;) 
喫茶店に飛び込み暖をとりました。

静かな音楽
新聞を読む紳士
編み物をするご婦人


静かな心休まるお店でした。
残念ながら写真無し・・・

IMG_20160116_0001 (9)

ひときわ目立つ建物が
そばを通ると 磯の香り がします。

「海辺の環境が人に良い」
いわゆるセラピー効果があるとのことで
海水を循環させ 海藻も入れてあるとのこと

IMG_20160116_0001 (10)

日本の小さな ペンション風
プチホテルがあちこちに

入口に
1week –〇〇マルク 2week‐〇〇マルク
と表記されておりました。

日本の「湯治温泉宿」のように
長期滞在し 体をいやすためのHotel

サラリーマンが、体調を崩し
会社に認められれば 
長期滞在が出来るという
羨ましい仕組みでした
(^-^)/

IMG_20160116_0001 (12)

カメラを向けた先が
全て素敵な 「被写体」
そんな街でした。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

120090416224951870[1] web_ImageView3[1]

日本にも古い街並みが残っております。

静岡県伊豆松崎町 なまこ壁通り  飛騨高山白川郷 合掌造り

しかし限られた 観光地のみですネ

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

IMG_20160116_0001 (2) IMG_20160116_0001 (3)

一画にミニ遊園地
寒い中 ピエロ
風船を配っていました。

シー&シー・キッチン
プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/30数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2016年1月現在300件を超えるお客様にキッチン・家具をお届けしてまいりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR