FC2ブログ

  輸入システムキッチンFORTEスタート

住宅設備展でお会いしたM社を訪問。
小柄で熱弁を振われていた、S社長と面談しました。
 
S社長は、元大手商社におられ、輸入業務はもちろん、海外事情に精通、
さらに驚くべき事に、K部長が、ポーランド語も読み書き出来
住んでいた事があり、ポーランドに精通。

FORTEキッチン、マンションプロジェクトの事をお話すると、
「システム家具事業部」を同社に、立ち上げ一緒にやろうと、
私にとって願ってもない話。

同社で進めているシステム家具(伊・32システム) 
も含めてスタートすることなりました。

最初にFORTEを紹介してもらった、K社は倒産。
元部下だったK氏とは連絡がとれない状況に・・・・。
厳しい現実を思い知らされました。

C&CKitchen

テーマ : インテリア雑貨
ジャンル : ライフ

住宅設備展見学( H8年)

久しぶりに「住宅設備展」に出かけました。
S40年代・高度成長期の設備展は毎年盛況で、大手企業はこぞって
新商品発表、華々しくコンパニオンを動員し精力的に展開、
負けじと中小会社も出展しており、見栄えのある展示会、貴重な情報源でした。

平成になると参加企業も少なくなり、大手も出店を控える状況で期待を
裏切られる事が多く、久々の見学でした。

大手は自社ショールーム展開を進め、費用対効果の薄れてきた「展示会」を
敬遠した為でしょう。

予想にたがわず、さして興味の持てるブースも無く、
そろそろ帰路につこうと思っておりましたが、
あるブースで、熱弁を振っている小柄な年配男性が目にとまりました。

ビルトインタイプの「ドラム式洗濯機(伊製)」「ドラム式洗濯機ビルトイン洗面台」
でした。
この時は閉館時間もせまっており、名刺交換程度で終わりました。

しかしこの出会いが、「ポーランドFORTEシステムキッチン」スタートの
契機になろうとは思いませんでした。


C&CKitchen

FORTE との出会い

HAUZE・青山ショールームに来訪客がありました。

S&HJapan時代のK氏とK嬢ですが、彼等は同社を退職後、
キッチンの輸入会社をスタートされていました。

K氏が1枚の扉を見せて、価格を提示。
オーク(楢材)無垢扉で、仕上げは申し分なく、
価格も国産に比較し信じられない数字。

「ポーランド産(ブランドFORTE)」という言葉に、旧ソ連に支配され、
「貧しい農業国」のイメージしか持たない私には、「?」

「ポーランド大使館」に問い合わせてみると、
予想に反し同社はポーランドはもとより、ヨーロッパ各国に工場を有し、
キッチン・家具を生産しているマンモス企業。

ドイツキッチンの名門「アルノ」と技術提携。

一番の魅力は「価格」

ポーランドの都会は、物価レベルは高騰しておりますが、
地方はまるで別世界。

初めて訪問した時、日本との違いに驚かされました。

FORTE.jpg

マンション物件を狙い、幾つかのデベロッパー(マンション)へコンタクトし、
好感触を得られましたが、仕事を進めるにあたっては
クリアーしなければならない大きな壁がありました。

支払いが先行するため「資金繰り」という問題があり、
行きずまってしまいました。

C&CKitchen
プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/40数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2020年1月現在350件を超えるお客様に
キッチン・家具をお届けしてまいりました。

最近は キッチン以外 時事 旅行 クッキング 日常等 脈絡なく記しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR