FC2ブログ

私の○○○遍歴-13

本社 札幌 を目指し 
愛車 ベレット に乗り
東京をスタート

初日 台風と並走し 豪雨 雷に遭遇
思いがけず 仙台 七夕 青森 ねぶた 祭りを見学

hokkaido_map_l2[1]

函館⇒大沼国定公園⇒長万部(おしゃまんべ)⇒室蘭
⇒苫小牧

ここまでは海沿い道路

苫小牧 過ぎ内陸部へ左折

中山峠⇒定山渓(温泉)⇒札幌 250km

青函フェリー 青函連絡船

3日目 
いよいよ 北海道 上陸


1090381555[1]

愛車 ベレット も船内へ

50年前の話で
記憶も定かではありませんが

早朝の便に乗船
4時間程の船旅


函館到着

都会の景色ばかり見ていた私には
地の果てに 上陸という印象でした。 Σ(゚□゚(゚□゚*)

ikasasi.jpg

目にとまった食堂

思いがけず
美味しい イカ刺し 定食

イカが 甘い と感じたのは
初めて


eyecatch[1] 函館夜景

勿論 札幌を目指す旅
見る事はかないません。

中心地を離れ
坂道を登りきると
函館の街が一望出来ます。

caade_0000710998_1[1] 支笏湖 逆さ北海道富士

富良野道路 富良野道路

何処までも続く 直線道路

走行していて
北海道の雄大さ を実感します。

高速道路とは一味違うドライブ満喫 !!

DSCF45991[1] d0084473_20535472[1]

札幌の観光スポット 定山渓温泉

534a9d00[1] 雪のトンネル

真冬の 中山峠 (゚△゚;ノ)ヒエー
近年は暖冬の影響が・・・

50241_1[1] 時計台

訪れてがっかりする 日本3大名所
に入っているそうですが

市内ビル街の、ちっちゃな時計台
大きな時計台をイメージしていると
確かに・・・


本社は近くにあり
夕刻到着

挨拶の後
月寒 社宅へ

公団住宅風の5階建て
我が家は2階でした。

20150420202212bdc[1]

国道から少し入った所

目の前は 緑溢れる牧場

反対側には戸建の社宅が並んでいます。

羊が草を食んでいる
のどかな 北海道 らしい景色

真夏でもクーラー不要

これはいいところだ \(^o^)/

そう思えたのも短い夏の間だけ
すぐに 過酷な冬 が待ち受けていました。 ヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

カミサンは東京へ戻らねばなりません。
千歳空港

千歳空港へ向かう道は
ところどころに住宅、店らしき建物が
ポツンとポツンと 静寂な世界

暗い道をひた走ります。

突然夜空が明るく開け
空港が現れます。

あわただしく登場手続を終え
搭乗口へ

「手紙書くから」
「式の準備頼む」(2ケ月先)

事務的に話す私

こう言う時に どう話しかけて良いのか
対処できない・・・

軽くハグして
「それじゃ」

DSC00614[1]

車に戻り 
ふと振り返ると

飛び立つ機体が見えます。
漆黒の夜空に 点滅する灯り

遠ざかる機影を見ていると
自然と涙が・・・ 。゚(゚´Д`゚)゚。


私の○○○遍歴-12

昭和40年代
日本が 本格的な モータリゼーション の時代を迎え

当時の若者の憧れだったのが 
ベレG スカG の愛称で呼ばれた名車

50年の時を超えても
市場に出ております。

プレミアム価格で・・・


べれっと カミサンではありません。モデルさん カタログより
いすゞベレット

wmc02[1]

台風と並走し
ゲリラ豪雨 雷の直撃(?)を受けた1日目

古い映画で 雷を受けると
人体が 骸骨になる

そんなのがありましたが
その時は そんな心持でした。

2日目のスタートです

イワキの海沿いの宿

魚のおいしい朝食を済ませ
北進

程なく、東北地方の大都市
仙台に到着

e220844[1]

なんと 七夕祭り に遭遇
予想外の展開に 驚きましたが

大きさ 美しさ 堪能しました。(^.^)

直線道路

仙台を過ぎると
景色は一転

東京圏をすぎると 人家も疎ら
驚かされましたが

仙台以降はさらに 寂しくなります

周囲に何もない所
一本道が延々と続く

過疎 という言葉
実感しました。(/・-・; < \・-・)

01[1]

一関⇒花巻⇒盛岡⇒三沢⇒青森

青森 に着いた時は既に暗やみ

市街地に入ると
道路に溢れる人波


大きな掛け声
なんと ねぶた祭り に遭遇しました。

仙台七夕 と
一日に 日本の3大祭り の2つに遭うとは (o‘∀‘o)*:◦♪

暗やみの中で
一際明るい 独特の出し物

思わぬ出来事に 暗い道ばかり走り
日本の涯まで行くのかなんて

沈んでいましたが
いっぺんに気持が明るくなりました。(^.^)



宿を探さねばなりません。
市街地のはずれに

小さな宿 を見つけ
2日目も無事終了

長時間運転で
爆睡 (ᖱ・ᖱ・ᖱ・・・)


青函フェリー 北海道上陸


シー&シー・キッチン

続きを読む

プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/40数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2020年1月現在350件を超えるお客様に
キッチン・家具をお届けしてまいりました。

最近は キッチン以外 時事 旅行 クッキング 日常等 脈絡なく記しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR