FC2ブログ

脱サラ・三井ホームへ

No.5 で脱サラし「東芝キッチンショップ」を開設、松下のシステムキッチンの業務を手がけたことに触れました。仕事に追われ 図面・見積書を作成し、商品手配をN社と打合せし、その他 アルノ・岡村・サンウェーブ・ナスと工事に明け暮れる多忙な日々を送っておりました。

ある日N社の方から「上野さん 強力なライバルが現れたョ。」と言われ、差し出された物を見ると、今では当たり前な「CAD」図面でした。図面は稚拙な物で実際の使用には無理がありました。しかし、松下の技術はすごいと思い、私のいた東芝との差をまざまざと見た感がありました。

当時はFAXもなく 勿論携帯℡などあるはずなく、今は博物館入りした「ポケベル」の世界でしたが、連日同じ仕事の繰り返しに「このままこの仕事を続けていたら、世の中の事も、他のことも触れずにいたら自分はどうなってしまうのか?」という贅沢な悩みをかかえてしまいました。TVも新聞も見れず、ただ図面を書き、工事現場との行き返り、そのような中沸いてきた疑問です。

「石の上にも3年」の喩えがあるように仕事も順調になり、金銭的にも多少余裕を感じるころでしたが、ある日新聞の求人欄を何気なく見ていると、三井ホームのインテリア部門での求人広告が眼に入りました。締め切りは既に過ぎており、年齢も制限を越えておりましたが、なぜか引き付けられるものを感じ応募致しました。

後日面接に呼ばれ Y部長とお会いしましたが、面接でのやりとりは「半分ダメ」と諦めておりました。
かみ合わなかったのは 1・入社日・即来て欲しいとの事でしたが、「仕事の整理に数ヶ月必要」との私のお願いに即答いただけませんでした。2.給与・「今どの位給与をとっていますか?」との問いに「定額ではないが50万前後です。」と答えると、びっくりされ「とてもそんな額は無理」とのこと。改めて「規定通りで結構です。」と回答。

結果3ヶ月待って戴ける、との回答が、思いがけずまいりました。

今度はN社初め得意先への挨拶にあがりましたら、「海外へ転出されるのでは」と言われ、三井ホームに入るとは言えませんでした。「仕事が順調なのに何で止めるの」というのが得意先の実感でした。

起業する事の難しさもさることながら、仕事を止めることの難しさを痛感いたしました。

kitchenplazaホームページ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/40数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2020年1月現在350件を超えるお客様に
キッチン・家具をお届けしてまいりました。

最近は キッチン以外 時事 旅行 クッキング 日常等 脈絡なく記しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR