FC2ブログ

命拾いをしたお話し-2

工事も無事終了

翌日、愛車 BMWX3
工事時にも使用している為 ほこり ごみだらけ
あまりの汚れに近くの「洗車場」へ

洗車も終わり 綺麗に蘇った愛車を前に
一人にんまり
洗いあげた時の壮快感 !

拭きあげ終わり、助手席ドアの前で
しゃがんでいましたが
立ち上ろうとすると

何かおかしい・・・? 力が入らず・・・
立ち上がれません。


自分の状態を確認しようと必死に
しかし
右手 右足がピクリとも動きません。

動かせた左足 左手を使い
ボンネット伝い 運転席までヨロヨロ

この時の状況は、今まで経験したことのない
不思議な出来事でした。

体がフワフワ --- 体と意識が別

自分の意識が 何か空に浮かんでいるようで
自分の体を、上から見ているよう・・・

「遊体離脱」 とはこのような事を言うのでしょうか ?

ドアを開け 何とか運転席に転げ込みました。
エンジンを掛けようとしても やはり右半身はピクリとも動かず
不思議な事に 痛みは全くありません。

助手席に目をやると「携帯」が目に
左手で119番   pm5:00頃

応答する方は 手慣れており

「どうされれました?」
「どちらにいますか?」
「お名前は?」「お年は?」

テキパキ処置され

fire_a25[1]

10分掛からず、「ピーポー・ピーポー」の音とともに
「救急車」到着

普段は騒音にしか感じない「ピーポー」が、この時だけは
嬉しく感じられました。

私の症状確認
あちこち、電話されてました。
(受け入れ先 病院確認)

病院名を二つ言われましたが
馴染みの「志木中央病院」へ

119番通報の後 カミサンに℡

「あなた 何してるの?」

状況説明しましたら

「すぐ119でしょ!!」 と一喝 されましたが
志木中央病院へ救急車で」 と伝えました。

12[1]

13[1]  ストレッチャーは救急車内ではワイヤーで固定。こういう事態でもメカに興味・・・

15~20分位でしたか とにかく乗り心地が悪く
ガタゴト 揺れがひどいのに驚きました。
(救急車そのものではなく ストレッチャーにクッション
無いせいでしょうか)

病人 けが人を運ぶのですから
もう少し乗り心地が良いと思っていました。
勿論初体験。

何故か、急に尿意を催し 救急隊員の方に伝えると 
「後5分! 後3分! 頑張って下さい!」
という つれない返事

必死でこらえました。

病院に到着すると
救急患者専用の入口に、病院スタッフが何人も待ち受け   PM5:30頃

手慣れた要領で,病院ストレッチャーに
(数人で 声を合わせ シーツをつかみ、 見事です) 

Achieva1205T_km20(2)[1] 志木中央病院ホームページ

MRI 室へ直行

耳栓をされ 大きな機械のトンネルの中へ 
時折「ダ・ダ・ダ・ダーン・ドーン」という衝撃音がします。

検査終わり 部屋へ戻ると

MRI01[1] ネットMRI画像

担当の先生(脳神経外科)が MRI検査の画像を手に
症状を説明してくれました。


ドア口に立つカミサンも目に入りましたが、言葉も交せません。
(自分では アイコンタクト したつもり)

先生の説明

「脳血栓です。治療方法は二つ」

1.リハビリ----症状改善、完治は難しい 
2. 薬で血栓を溶かす---強力な薬の為, 脳出血の恐れがあります。

思わず「薬でお願いします」と即答しました。

続・・・

シー&シー・キッチン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/40数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2020年1月現在350件を超えるお客様に
キッチン・家具をお届けしてまいりました。

最近は キッチン以外 時事 旅行 クッキング 日常等 脈絡なく記しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR