FC2ブログ

命拾いをしたお話し-3

後日 カミサンに聞くと
「あなた、何か訳分からなく わめいていましたョ」

病院に到着した時は 
言葉になっていなかったのですネ・・・
(自分では きちんと話しているつもりですが
発していたのは 「アー ウー」 だけとは・・・)

その後、麻酔を打たれ
気がついたのは 病室のベットの上  PM9:00 頃

なんと
右手 右足はちゃんと動きます。


先ほどまでの症状は、何だったのでしょう ?
腕には いくつか 「点滴」の注射が・・・まるでハリネズミ

尿意を催し「ナースコール」
その都度 看護師さんの手を借り 車いすでトイレへ

何しろ 点滴の量が半端ではありませんから
頻繁にトイレ

m1m9m3548-img337x600-1410417905cxdk4718502[1]

ミルク飲み人形と同じ
飲んだら おしっこ・・・

看護師さん「トイレ大変だから こうしましょう」
男性の大切な所に チューブ差し込み 先にビニール袋

これが「痛い!」 (ᗒ〇<’’;)
思わず 叫んでしまい 看護師さんに叱られました。

「これくらい 我慢しなさい」
いい年こいて 恥ずかしい・・・

寝たきり老人になった心境でした・・・

目覚めた後 30分ごとに 看護師さんが見回り
声掛けられ 毎回 質問

「お名前は?」
「生年月日は?」
「ここはどこですか?」
「お住まいはどちら?」

掌をとられ 看護師さんと握手
「もっと力入れて!」
と叱られ 

「若い看護師さんの、手に触れられる」
私の不届きな思いは 消え去りました。

脈拍 血圧 体温と毎回測り、点滴の交換
翌朝までこの「検診」は繰り返されました。

改めて思いましたが
「看護師」さんの、仕事の大変さ 痛感しました。
慢性的な人手不足 過酷な深夜労働  納得出来ます。
患者さん、何人担当されていらっしゃるのか・・・


私の隣のベッドに 私より一回り若い男性が
後から入られました。

この方が 2~30分毎に
「看護師さん!!痛いよー! 来て下さい!」と大声 

ナースコールボタンがあるのですが
夜中に大声

仕方なく 私がナースコール
「上野さん どうしました?」

「私ではない お隣の方」
夜が明けるまで 続きました。

続・・・

シー&シー・キッチン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/40数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2020年1月現在350件を超えるお客様に
キッチン・家具をお届けしてまいりました。

最近は キッチン以外 時事 旅行 クッキング 日常等 脈絡なく記しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR