FC2ブログ

三井ホームのインテリアコーディネーター(続)

三井ホームのIC(インテリアコーディネーター)にとって、ステータスは「モデルハウス」を担当する事。
○○ICが○○モデルを担当し、お客様の反響は・・・と、大変熾烈な「女の闘い」の場でもありました。

三井ホームモデル

三井ホームURLより・草加モデル

どのICに依頼するかは、営業所の所長の裁量によりました。
ある所長に「大勢の女性に囲まれてハーレムみたい。」と話したことがありますが、「女性は自分の嫁さん1人で十分。気疲れしてかないません。」とこぼしていました。

ベテラン,若手ICを「束ねる」大変さをこぼしていました。

エピソード1.

竣工間近のモデルハウスの現場に行った時、子供の泣き声がきこえました。
お客様?と思いましたが、子供さんを背負った女性が、なにやら飾りつけをしています。
顔を見ると、○IC.
化粧気もなく普段の○ICとは別人の様(失礼・・・)

「どうされたのですか?」と尋ねると、「いつもは母が子供を見てくれているのですが、 
今日は都合悪く、見てもらえず。仕方なく私が負ぶって仕事」との事。
見かねて私が、即席の託児所になりました。
子育ての中、仕事を必死にされている姿に、○ICのプロ根性を感じました。
こういうICの先輩方が、今日の「インテリアコーディネーター」の基礎を作られたのでしょう。
三井グループ初の女性役員となられたIC 村上 英子先生も、働く女性として 
子育てと仕事の両立に苦労されたと、語られております。

エピソード2.

同じく、竣工間近のモデルハウスでの事。
玄関から入ると、何やら「女性の鳴き声」が・・・
ただ事ではないと、ドアを開けると ○Iの姿が眼に飛び込んで着ました。

私の顔を見るや、「上野さん・・。誰も私の言う事聞いてくれないの・・・」
と一際泣き声が大きくなり、お化粧もグチャグチャの顔に、ひとしきり大粒の涙。

どうやら竣工時期が間近に迫る中、
ICの意図したものと違う内容になってしまっている事が,出て来たのですが,
「度重なる変更」に現場の職人さんが「もうやってられねーー。」
となってしまったようです。

「とにかくオープンめざしてやるしかない!」と話しあい、○ICも落ち着きを取り戻し、
職人さん方も納得され、工事再開。

現場を出る時に、送ってくれた、○ICの顔は「女性」から「プロのIC」の顔に戻っていました。
恐らく○ICにとり、思い出のモデルハウスになった事でしょう。

それにつけても、前述の所長の苦労が垣間見えました。




kitchenplazaホームページ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/30数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2018年1月現在350件を超えるお客様にキッチン・家具をお届けしてまいりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR