FC2ブログ

Actus(ポーゲンポール)への転職

三井ホーム・インテリア部門での期間は、私のキッチン・ビジネス・ライフの中で多くの知識、経験の場となり、貴重な期間となりました。
独立後、ソーホー・ビジネスの典型とも言うべき「輸入キッチン」の会社を立ち上げましたが、入る情報量は限られます。
というより自分から能動的に動かなければ、情報は入ってきません。在職中はデスクに座っていても、周りから「情報」が入ってきます。
岡田社長、Y部長、同僚、メーカー、新聞社等数え切れない情報に「見舞われ」ます。
大手の有難さは、離れて初めて分かるものです。

インテリアコーディネーターへの、キッチン取扱開始に向けた業務も一段落した頃、私の
「ドイツ・キッチン」を扱ってみたい、という願望が起きてまいりました。
当時、ポーゲンポールの商権を得たActus(アクタス)が業界で話題となっていました。
何と、1000万プレーヤーが何人もいる、というものでした。

ならば挑戦するしかしかない、と応募致しました。
試験等なく、当時話題の「桐山社長」との面談のみ。
社内の雰囲気は東芝、三井とは大違い、社員は私服でサラリーマンの制服「スーツ」は一人もいません。さすがインテリアを扱う会社という雰囲気でした。

幾つかの質問の後、大きな鉛筆(小学生の時、遠足で買った鉛筆のような)でメモ紙に何やら書き込み、手渡されました。
「青山店次長、年俸00万」とだけ大きな字で記されていました。
「良ければ人事と話して下さい」と言われ席を立たれました。

人事の方とお話しましたが「驚かれましたでしょう。メモ書きがいわば採用通知、辞令ですから」と笑顔で言われました。

その後三井ホームでの退職申し入れ、入社するのも、退職するのも大変な事。
退職の前日、当時のT専務に呼ばれました。
「今夜予定開けておくように」と一言。
その夜、新宿三井ビル近くのホテルの「高級レストラン」に招待して頂き、ディナーをご馳走になりました。
「何処へ転職するのか?」「何故辞めるのか?」とか質問される事を想像し、気持が暗くなって、臨みましたが、何もおっしゃらずただ「ご苦労様と労をねぎらう」という会食でした。
小柄で笑顔が憎めない、ちょび髭がトレードマークのT専務さん、
今でもその夜のことを鮮明に思いだします。


kitchenplazaホームページ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/40数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2020年1月現在350件を超えるお客様に
キッチン・家具をお届けしてまいりました。

最近は キッチン以外 時事 旅行 クッキング 日常等 脈絡なく記しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR