FC2ブログ

すっきりしない宣言解除

4/7 緊急事態宣言
6/1 解除


解除後も 
東京都で連日2ケタの感染者
北九州でもクラスター


何のこっちゃ と思っていましたが
解除に前のめりな 政府
経済活動停滞を恐れての事でしょうか・・・

国民の反応

完全に鎮静化した訳ではない
第2波が怖い
底抜けに喜んでいる方は見受けられません。

日本人の慎重 生真面目な国民性のせいでしょうか

政府の発表を心から信じる事が出来ない・・・
自衛本能の表れかも知れません。

20200320-00010003-wordleaf-000-2-view[1]

コロナ対策会議のあるメンバーが
「何が良かったのか正直分からない」と
思わず本音を呟いていました。


1月末 武漢ウイルスのニュースが伝えられた時
阿部総理は 専門家会議立ち上げただけ
連夜豪華会食三昧 外遊までしていました。


スケジュール表見ましたが 良くもまあ精力的に
こなしている
総理は確か お腹の具合が悪いはず
全快したのかな

心コロナにあらず・・・です

2003年
サーズ騒動、日本は痛手なし
同様に考えていたのでしょうか?


感染者数 死者数見ても
海外からは 驚嘆の数字

現実は
医療崩壊
と言っても過言ではない
ギリギリの状況


有名人のコロナによる死亡報道↓

37.5度 4日間 自宅観察による 入院処置の遅れ
埼玉ではお二人の方が自宅で亡くなられています。

救急搬送されるまで 4日も診察さえ受けられず
救急搬送時は重篤-----死亡 

平時なら失われなくて済んだ尊い命
考えられない事が起きました。


日本の脆弱な医療体制

◍ 感染症対策 とりわけ大規模 新ウイルスについての
研究がされていなかった事


◍ 受け入れ医療病院 ベッド数不足 
ICU 防護服 不足・・・

National_Institute_of_Infectious_Diseases[1]

◍ 国立感染症研究所 予算20億(毎年)削減
所員削減

◍ CPR検査数の少なさ 総理 20.000件宣言も 未達

◍ 保健所数は10年前と比べ半減
保健所 感染症に対応出来る所員の少なさ

◍ 命の危険にさらされる
医療従事者に罪はありません。

むしろ被害者だと思います。

命の危険と隣合わせ
寝る間もなく働かざるを得ない事態

最近になって医療従事者への一時金支給が決ったそうですが
10万 20万の問題ではないでしょう。

医療従事者が命の危険を感じる状態が異常
関係省庁は猛省すべき。

野戦病院のイメージが浮かびます。

◍ 一番の問題は 政策を間違えた政権 だと思います。
10年前からの政権・・・


◍ 言葉だけのアナウンス

まるで幼稚園生に言う

「手を良く洗い うがいをして
くっ付かないで 間隔空けて遊びましょう。」
と変わりません

交通安全標語作っても交通事故はなくなりません

「3密避ける」と言うだけでは 根本は解決しません。

国民の健康 安全が第1」と言うなら

◍ Covid-19についての医学的な解明

◍ 将来を見据えた医療体制

道筋を国民に示すのが 
リーダーではないでしょうか。


仮に第2次感染が 大規模で発生したら
同じ事を要請しても 国民は納得出来るでしょうか。

戦時下に女性 子供に竹やりの訓練させた事を思い浮かべます。
(古い話ですみません)

日本は幸いにして 欧米とは異なり
大規模災害にはなりませんでした。

欧米からは

「何故 日本は被害少なく終息したのか?」
という驚きの言葉を受けました。


*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

次号(日本は何故終息出来たのか?)

追記

国立感染症研究所

新宿区戸山ハイツに隣接
31年前 建設現場から 大量の人骨が出て
大騒ぎになりました。

436429195ef591ab87ad8e98f3baf612[1]

周辺は旧日本軍施設が多数あり
731部隊(細菌研究)の人体実験とのうわさ 

調査したが
詳細不明のまま闇の中へ

お骨は近くの納骨堂に納められたそうです。

当時 この場所一帯は草むら 子供の頃の恰好な遊び場でした。

水たまりには 蛙 蛇 ザリガニ メダカと豊富

今では面影ありません。

もしかしたらうずめられた人の怨念があるのかな・・・

お骨は近くの納骨堂に納められたそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/30数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2018年1月現在350件を超えるお客様にキッチン・家具をお届けしてまいりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR