FC2ブログ

S&HJapanでのエピソード(続)

エピソード4・

当時のスタッフに、忘れられない方がいます。
「Mr.フリードリッヒ・ウォルシュケ」
名前を聞いただけでは、屈強なドイツの方と思いますが、実際にお会いしてみると、外見は「日本人」日本語もスラスラで「国籍」を語らなければドイツの方と分かりません。

SieMatic本社にいたのを、前川社長が嫌がる彼を口説き、日本に連れてきたと聞きました。
業務はドイツ工場への発注という、重要なポジション。
夕刻になるとドイツ語が事務所に響きわたります。

ある意味日本人以上に日本人らしく、居酒屋での「飲ミニュケーション」、日本酒・納豆が好物という方でした。

ドイツは徴兵制ですが、入隊時は戦車の砲手を務めたそうです。
当時の凛々しい写真をみたことがありますが、日本と違うお国柄を痛感致しました。

ドイツで乗っていた愛車を船便で送ったそうですが、日本の税関で止められ、何と手元に来たのは1年後。潮風で車がサビついていたそうです。
日本の税関・法律・規制は私には理解できません。

現在はドイツに戻られているそうです。

エピソード5・

日本橋ショールーム 93.11にリニューアル致しました。
展示プランはSieMtic本社のデザイン、キッチンは勿論、照明・ディスプレー・小物に至るまですべて1式納品。各ブースごとに分けられていましたが、それぞれに「さすが!」と思わせる展示でした。日本のショールーム展示とは一味二味も違う「見せ方」でした。

ウヲルシュケ

写真左端の方が「Mr.ウォルシュケ」
社員に展示新商品の説明中

SRueno.jpg

お客様に説明中の小生(花に隠れています・・・)

C&CKitchen

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/40数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2020年1月現在350件を超えるお客様に
キッチン・家具をお届けしてまいりました。

最近は キッチン以外 時事 旅行 クッキング 日常等 脈絡なく記しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR