FC2ブログ

間違いだらけのキッチン選び-1 システムキッチンて何?

「システムキッチン」
現在では、当たり前のように使われ、目に致します。
しかし、使用する方により「意味合い」は、異なるようです。

「System Kitchen」
という言葉は、和製英語で、
最近では欧米でも理解され通じますが、以前は「何?」と言われました。

私がお付合いしているポーランドでは、meble kuchenne(家具・台所)
英語では、kitchen furniture
発祥の地ドイツでも、アインバウキュッフェ・ビルトインキュッフェ等
英国ではfited kitchen
米国ではkitchenと呼ばれている事が多いようです。

book1.jpgbook2.jpg
米国インディアナ州訪問時、スーパーで見つけたキッチン雑誌

katarogu1.jpg
当社扱い BiK カタログ kitchen furniture と記されています。

海外のキッチンに共通するのは「家具」をベースにして発展し、
今日に至っている事でしょう。
日本は流し台の発展商品として、当時のメーカーが海外キッチンを模倣し開発
また富裕層をターゲットにした「高級輸入キッチン」がスタートでした。
(黎明期の歴史については、本ブログ-1から記述しております)

「System Kitchen」の命名者は、
クリナップ(当時、井上工業)研究開発本部取締役 岡本 孝之氏
とされています。(1971・S46)

以来 システムバス・システムベッド・システム手帳・システムエンジニア等
頭にシステムの文字のついた語彙は数多くあります。
パソコン・辞書を見てもその多さに驚かされされます。
日本人程この言葉が好きな国民は、いないのではないでしょうか・・・

専門的な解説をするならば、日本のJIS規格に触れなくてはいけません。
JISの定義が、広い意味で「キッチンセット」まで含めてしまったために
ある種、広義の使い方が許され、混乱しているのでしょう。

詳しくは「黒田 秀雄先生」の解説・「間違いだらけのキッチン選びvol.2
(キッチンAll About) :Yahoo 検索 を参照下さい。

新明解国語辞典(三省堂) によりますと

「台所の広さや使い勝手に応じて、種種の大きさや機能を
備えた流し台やガス台・調理台を自由に組み合わせることが
出来るキッチンセットのこと。」

Yahooで検索しましたら
「収納戸棚や調理台・ガス台・流し台等を組み合わせた
ひと続きのものに作り上げた台所」

この説明では
「流し台セット」もSystem Kitchenになります。
しかし流し台をSystem Kitchenと言う方はいないでしょう。
(JISの定義では含まれます。)

キッチンセットと呼ばれる、
ステンレス1枚ものカウンタートップ、下部にガス台・流し台・調理台がセット
されている、レディーメードのキッチンが「System Kitchen」
として流通しております。

ちなみに「System」
を辞書(同上)で調べてみました。

(おもに工学で)「きわめて多数の構成要素から成る集合体で、
各部分が有機的に連繋して、全体として一つの目的を持った仕事を
するもの。」
この説明は、頷けます。

私は「System Kitchen」とは
(充分条件)

ユーザーが期待する住生活のなかで、
個々のニーズに合う、
キッチンライフを、作り上げる事が出来る

1・ハ―ド(キッチンを構成する部材・キャビネット・機器)
2・ソフト(住宅の中にフィットし、キッチン・ダイニング・水回りゾーン・収納ゾーン)
を横断的に(1メーカーのみでなく)提案・提供出来る仕組み:プラン・見積もり
3・建物の中に「キッチリ収まる仕組み」:工事・管理
4・住宅設計・建築との斉合性
だと思います。

「商品を売るだけではなく、個々の異なるお客様の
ニーズを引出し、生活提案が出来る事」が重要なのだと思います。

家具店で販売されている、System Kitchen は、レディーメード商品で
最大公約数としての,ニーズをとりいれた商品で、拘りをもった方には
物足りないでしょう。

katarogu2.jpg
二トリのキッチンについては別途説明予定

「System Kitchen」に
思う個々のお客様の「拘り(こだわり)」を
大切にして行きたいと思います。

C&Ckitchen

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/30数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2018年1月現在350件を超えるお客様にキッチン・家具をお届けしてまいりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR