東電施設 火災 その後

2016.10.12
新座市野火止 東電施設 火災


事故当時
数日間 国道を1車線封鎖し、大渋滞 
近隣住宅街の道路に
抜け道求め、車が大挙進入

マスコミ も連日殺到
カメラが何十台も構えていました。

事故数日後、現場前を通りましたが
古河電工の徽章を付けた方の指揮のもと
大勢の職工さんが、何やら作業しておりました。

9[1] CujE0_XXgAQUXNH[1]

川越街道 1車線閉鎖                    消防車  消防隊員 が見えます。

CujE3kDWcAEy6yU[1]

新築住宅に迫る黒煙

CujEy04WEAAQug6[1]

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

12月3日(土) 

2016_1203_143239-PC030008.jpg 2016_1203_143222-PC030007.jpg

フェンスにブルーシートが掛けられ無人
入口は施錠

2016_1203_143142-PC030005.jpg

何故かプレート文字は、かすれ判読できない個所が
故意でしょうか?


2016_1203_143301-PC030009.jpg

タイヤ店の看板は すす まみれのまま
そばの電柱も すす の跡が

2016_1203_143124-PC030003.jpg

奥に見えるコンクリートの構造物
下部に送電ケーブルが施設されているそうです。

事故が発生しなければ 
ここに送電設備があることは、まず分かりません。


*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

2ヶ月近く経過し 
世間からは忘れ去られております。

マスコミ報道は 
事件 事故 の報道はしますが
その後の事は 報道しません・・・


首都圏の送電設備 
数千kmにおよぶ地下ケーブル
安全性 大丈夫なのでしょうか?



シー&シー・キッチン

乳白色の世界・ヘッドライトのお話

2016.11.21 am7:00

自宅ドアを開けると 一面乳白色の世界

2016_1120_081813-PB200023.jpg

志木駅までカミサンを運ぶ(荷物ではなかった・・・)ので
愛車VW (H21年式・ポンコツワーゲン) 運転しましたが

100m程先は白い世界
幻想的ではありますが 運転は要注意

2016_1120_080108-PB200001.jpg

私はヘッドライト点燈しますが
大半の車は無灯火

ライトは車前面を照らすのですが
自分の車の存在を知らせる意味・効果があります。

2016_1120_080800-PB200014.jpg

オートバイはライト点燈義務付けられています。
乗用車の方は、殆んど無灯火です。


2016_1120_080953-PB200018.jpg

2016_1120_080555-PB200011.jpg

街路樹はすっかり秋景色

2016_1120_081024-PB200019.jpg 2016_1120_080930-PB200016.jpg

歩道に綺麗なお星様

ライト

夜間でも無灯火で走行する車を
ちょくちょく見かけます。

2016_1120_080450-PB200008.jpg

横道から、弩デカイ・黒いワンボックスカー

無燈火・一時停止もせずに
いきなり出てこられ、ハッとした事も・・・ (o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*


DSC05717[1]   ライト点灯 
  ✰写真は 新しい風にのって♪ in Poland りくなも さん からお借りしました。

10数年前にポーランド
初めて訪れた時

ワルシャワ郊外 
北海道を思わせる 
延々と続く直線道路 

片側一車線を(センターラインがあるだけ) 
時速120kmで疾走し 追越しも平気でします。

対向車とすれ違う時は
新幹線のすれ違い時の感覚
一瞬の出来事

DSC05691[1]

思わずドア上部のグリップを握りしめていました。

営業担当 トーマス

「上野さん 何を祈っているの?
この車は トヨタ 安全ですョ
私は、安全運転ドライバー

オメーの運転が怖いんだよ
心の中で呟きました。

DSC05692[1]

その時気付いた事 

晴天でもライト点燈
確かに遥か遠方の車も、認識できます。


カナダ バンクーバーでも、昼間でも点燈

以来、私は常時ライト点燈しています。
最近では 商業車 配送業者さんの車 バス 公用車等 点燈見かけます。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

臨時ニュース

2016.11.24

2016_1124_092145-PB240024.jpg

首都圏は、11月としては 54年振りの降雪
住まいの周りは雪景色  ヽ(´∀`)ノ

2016_1124_154758-PB240003.jpg

Pm4:00
ようやく雪は止み 青空 が見え始めました。 (´∀`σ)σ

明朝  路面凍結が心配です。

☃☃☃☃
今朝 車の状態 雪だるま
ドアは氷結, 窓ガラスはパリンパリンに氷が貼りつき
カミサンが「トランクあかなーーい」と,わめいていました。

バケツでお湯を運び ぶっかけて ようやく解決 
昨日窓は拭いておいたのですが

札幌時代 雪と格闘した事を思い出しました・・・ ☃☃☃☃ 

10月に 真夏日 11月に  降ったり
地震 津波襲来と 何か変ですネ
 ミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ


新しい風にのって♪ in Poland 

シー&シー・キッチン

初めての はとバス・東京スカイツリ―・浅草観光 -2

東京スカイツリ―
高所恐怖と闘いながらの一時を過ごし

バスは浅草へと向かいます。

2016_1020_123513-PA200032.jpg Asahi_Breweries_Headquarters_(derivative_image)[1]

話題を呼んだビル・モニュメントと
スカイツリ―が並ぶ所にさしかかりました。

ビール会社のモニュメント(金の炎)
ビル部分が、ビアジョッキ、屋上部がビールの泡
イメージしたが 
構造上、泡部分が横向きとなり
「う〇〇ビル」汚名で、親しまれています。

2016_1020_123905-PA200033.jpg

浅草のシンボルゲート 雷門

平日にもかかわらず多くの観光客

044[1]

雷門前の交差点そばに
異彩を放つ建物

建設時には「浅草のイメージを損なう」との
反対運動があったそうですが----物知り・Y2君の講釈

街並みに溶け込んでいます。
(観光案内所)

topimg[1]

はとバス下車すると即
天ぷら 葵丸進 へ

8階建てのビル内は、満席
ツアー客が次々中へ

2016_1020_125537-PA200034.jpg 2016_1020_125557-PA200035.jpg

ツアーですと、どうしても「流れ作業的」になりますが、
このツアーは2ヶ所で、ゆったり自由時間があります。 

昼間からのビールに,天ぷら

ジジ・ババの会話 も弾みます。

106_f[1]

江戸前 天ぷら定食

2016_1020_134622-PA200037.jpg

食後  仲見世 へ
こちらも大勢の人

土日だったらどれだけの人が訪れるのか。

日本を訪れる観光客が増えているのが
実感出来ます。


2016_1020_135012-PA200039.jpg

人形焼 の実演
美味しそう

我 お腹の膨らみ見て
買うのは断念・・・ (ᗒ〇<’’;)

2016_1020_135523-PA200042.jpg

奥の 浅草寺 へ

弩デカイ提灯 の下をくぐり

2016_1020_135654-PA200043.jpg

常香炉 の前へ

煙が
「身を清める」
   
「病にならない、病が良くなる」

自然と変わり
信仰されるようになった
そうです。

「自分で買ったお線香でないと御利益ないョ。」
 Y2君の講釈

ネットに
「カミサンに赤ちゃん授かりますように」
お腹に煙

御主人は
自分の股間に煙をかけ
「頑張れ」 と願かけした。

切ない記事がありました。 (^-^)/

2016_1020_135430-PA200041.jpg 2016_1020_135906-PA200046.jpg

     浅草寺 本堂                           荘厳な雰囲気

2016_1020_140101-PA200047.jpg スカイツリ―が眼前に

同姓(上野)のクラスメートがいますが
人ごみにまみれ,所在不明に

Y1君が℡
隣の 私の携帯が鳴り

隣同士で
「もしもし」 

かけ直しても
私の携帯に・・・

ようやく、つながったら
ベル鳴りっぱなし
応答なし

Y2君一言
「何やってんだか・・・」 (/・-・; < \・-・)

結局 はとバス前で、会えました。

ボケ老人の珍道中・・・ (“^-^;)

2016_1020_142619-PA200049.jpg

境内を散策する
和服姿の女性
日本人は「和服」合いますね----。

和服レンタル店があり
気軽に和服楽しめるそうです。
和服姿の外人さんも・・・

2016_1020_142852-PA200050.jpg

花やしき
絶叫タワーから,時折歓声が

2016_1020_143148-PA200053.jpg

池の鯉が群れています。
水中照明で 
白い鯉が  青く 見えます。


2016_1020_151811-PA200059.jpg

東京駅に終着。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

追記

八重洲地下街を散策しましたが
広すぎて「徘徊」状態になりました。
どれだけの広さか・・・


シー&シー・キッチン

初めての はとバス・東京スカイツリ―・浅草観光 -1

毎年10月に、小学校クラス会を開き
旧交を温めております。

新宿で昼食と言うコースが通例ですが 遠方からのクラスメートも
多く(新潟・仙台・栃木・ドイツ)、半日で終わるのはもったいない
という趣旨のもと はとバス観光 となりました。 

しかし諸事情により、遠方メンバーは来られず、
7名参加と相成りました。

2016_1020_121841-PA200031.jpg

10月20日(木)
スタートは東京駅南口 am9:20 着pm3:30
はとバス ターミナル


行き先別に多くのバス停があり、参加者で溢れかえっています。

当コースはバス2台,人気コースの様です。

2016_1020_152831-PA200060.jpg

2016_1020_143400-PA200054.jpg

2016_1020_093922-PA200004.jpg

スカイツリーに向かう途中
ガイドさん の流暢な名所案内

改めて聞く案内に 「眼から鱗」 の心境

バスの高いシートから眺める,見慣れた東京の街並み
普段とは違って感じられました。


毎年 大臣、国会議員の参拝問題
起こる 靖国神社

2016_1020_093031-PA200003.jpg

皇居お堀端には、リオ・オリンピックの名残
ブラジル国旗と日の丸

2016_1020_093008-PA200002.jpg

国会議事堂
外装のお手入れで,白くなっていました。

IMG_20161024_0001.jpg

第一望台 (望デッキ)  高さ:350m
第二望台 (望回廊)   高さ:450m

2016_1020_102843-PA200005.jpg 2016_1020_102916-PA200006.jpg

天望デッキまでは高速エレベーターで僅か50秒
(分速600m/時速36km)

エレベーター内の壁は真っ黒
天井にイルミネーションがありますが
外部は見えません。

乗客は無言 (皆さん恐怖感あるのかも・・・)
あっという間の到着
ゆっくりと外を眺める情緒はありません。

2016_1020_103811-PA200009.jpg

デッキに着きエレベーターの扉があくと
一瞬の内に開ける 天空の世界

2016_1020_104858-PA200017.jpg

地上の風景が眼下にせまります。
荒川 が舵行しているのが分かります。

2016_1020_105010-PA200019.jpg

当日の天気は、10月でも 「夏日」
東京 最高気温 30度

あいにく靄っていて遠くは見えず

2016_1020_110123-PA200026.jpg

フロア一部に ガラス貼り部 があり
高所恐怖症 の人には無理な場所が
有名スポットでした。

2016_1020_103909-PA200012.jpg

天望回廊(450m)へは再度エレベーターで
こちらは外が見えますが
鉄骨の隙間を 高速でエレベーターが上昇
ゆっくり見る間もありません。

回廊はタワーの周囲をゆっくり歩いて
最上部まで登れる様になっています。

足元が見られるようになっており
高所恐怖症 の人は 歩いていると
お〇りが ムズムズ 気持悪くなってしまいます。

2016_1020_121631-PA200028.jpg

1Fの地面から見上げるスカツリー
間近で見上げると デカイ !

2016_1020_121746-PA200030.jpg

足元には 東京ソラマチ
ショッピングゾーンが広がります。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

おまけ  

東京スカイツリ― 概要

高さ     634m   墨田区押上1-1-2
       電波塔高さ 世界1
       計画当初 610mだったが
       武蔵の国(634)に因み 634mに(ギネス登録)

200px-TaroTokyo20110213-TokyoTower-01min[1]

東京タワー 333m (スカイツリ―の半分の高さ)

工事期間   2008/7‐2012/2  建設:間組 設計:日建設計
         計画当初 埼玉県、東京各区でも誘致活動
         オリンピック施設誘致ほど話題にはなりませんでしたが。

入場料     天望デッキ  2060-
          天望回廊   1030- 
当日券
 
✱駐車場料金も高く 個人観光客のリピートが少なく
 来場者の増加が思ったほど見られず・・・

というニュースを眼にしました。

ツアー客は多く、地下駐車場には観光バスが溢れていました。

冬場好天の日が、見晴らし良いと思います.




シー&シー・キッチン

S&HJapan  営業譲渡

輸入システムキッチン業界 NO1
リーディングカンパニー
S&HJapan

 
カッシーナへ事業譲渡

衝撃的なニュースが飛び込んできました。 ((((;゚Д゚)))))))

img-product-beauxarts02-01[1]

私のブログ「間違いだらけのキッチン選び」
最近 ジ―マティック・S&HJapan・前川 公明・前川 由紀子・・・

検索キーワードが頻繁に見られるようになっており、
なんとなく気になり S&HJapanのホームページ見ますと

カッシーナに事業譲渡という記事発見

2016_0628_135144-img-company[1]

今年の7月7日 
前川 公明社長の葬儀(お別れの会)
盛大に執り行われたばかり、

前川 公明 お別れの会

思わず「エー!」と
声に出してしまいました。

前川 由紀子 新社長の
「前川の遺志を継ぎ 今後もジ―マティック事業に邁進」
お別れ会挨拶状 を見て  
今後が気になっておりましたが・・・


*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

輸入システムキッチン 御三家
ジ―マティック・ポーゲンポール・アルノ


日本のシステムキッチン 黎明期から今日まで
業界リーディングカンパニーとして 歩んできた3社

ポーゲンポール はアクタス
ポーゲンポールジャパンの併売

アルノポブライエン社長 が創業以来頑張っておられます。

No1の地位に君臨してきたS&HJapan
営業譲渡のニュースに 一抹の寂しさを禁じ得ません。

黎明期からの 創業社長さん達 の引退 も
相次ぎ 時代の変化 がひしひしと感じられます。

s-173-cassifuku-01[1] CALMbed_scene02_L[1]

譲渡先 カッシーナ・イクスシー(CASSINA IXC.)
1975より高級イタリア家具販売を営む業界大手

カッシーナブランドは「高級ブランド家具」として
日本で確固たる地位を築いています。

カッシーナに、高級システムキッチンが加わる事で
富裕層ユーザーに訴える 「相乗効果」 が期待できそうです。

システムキッチンを扱うと
キッチン・洗面・リビング家具と、必然的に扱いアイテムが
増えて行きます。

さらにカッシーナの高級家具が揃えば
期待は大です。

亡くなられた前川 公明社長が

ジ―マティックキッチンのロールスロイス

それに見合った商品力・プレゼン・設計・施工 
全てにNO1が求められる。
君達(社員)にはそれらが求められる


と口癖のように、言われた事が、思い起こされます。

そのため 高級レストラン 老舗店 ディナークルーズ等
何度も全社員そろっての食事会 (^.^)
自己負担では、敷居が高いお店でした。

会社 エスエムダブリュ・ジャパン
英文名 SMW Japan LTD. 

(当初の発表では ジ―マティック・ジャパン
分かりやすい社名でしたが・・・)

資本金 1000万円
開始日 2016・11・1 


新会社 社長には 
カッシーナ・イクスシ- 
森 康洋 社長 が就任


S&HJapan のスタッフはそのまま新会社へ移行

ショールームも現行通り。

因みに 譲渡金額は 5億円
S&HJapan 売上(28年3月期)7億5400万円 
私が退職した時 21年前 売上同程度

前川社長から
「次は10億の大台だぞ!」と

言われた事が、昨日の事の様に思いだされます。

私は10億に届かぬ前に 退職致しました。

シー&シー・キッチン
プロフィール

kitchenplaza

Author:kitchenplaza
早稲田大学経済学部卒業/30数年前に東芝にてシステムキッチン業務を開始(企画開発業務)/三井ホームにてキッチン事業構築、輸入キッチン(ポーゲンポール・ジーマティック)等経験後独立

数多くの輸入・国産キッチンの開発販売にたずさわり『日本のキッチンは高すぎる! 』の信念にもとずき「リーズナプルプライス・高品質キッチン」 の提供をライフワークとして取組んでおります。

事業開始後2016年1月現在300件を超えるお客様にキッチン・家具をお届けしてまいりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR